ゲームで勝つために必要なゲーミングデバイス

ゲーミングPCの基礎知識について

ゲーミングPCとは快適なゲームプレイに特化させたパソコンのことを言います。PCゲームは家庭用ゲーム専用機を遥かに超えるほどのグラフィックやネットワークプレイを実現させる一方でパソコンの各機能に非常に高いレベルを要求をします。

CPUやメモリ、HDDの容量といった一般のパソコンでも聞き馴染みのあるパーツに加えて、ビデオカードや電源の質にまでこだわる必要があります。通常、各社はそういった高機能のパーツを取り揃えた最高品質のパソコンとしてゲーミングPCを売り出しています。極端な話、ゲーミングPCを買っておけばパソコンで可能なことは一通り何でもできるようになると思っていいでしょう。

ゲーミングPCは日々進化するゲーム内容に対応するために高い拡張性も有していますから、更に追加でパーツを積んでいけば間違いなく数年間は最先端のスペックを持ったパソコンを使い続けることができます。ですが、高機能にこだわることによって当然ながらゲーミングPCは高価になる傾向があります。そこで上級者の間ではパーツだけを自分で買い揃えゲーミングPCを自作する文化も広まっています。

ゲーミングPCを買う上で大切な事

ゲーミングPCにおいて重視すべき点は2つあります。ひとつはスペックのバランスです。

パソコンの中枢はCPUなので、高性能のCPUを搭載すれば後はさほど重要ではないと思われる方もいますが、それは違います。実は、CPUはさほど重要ではありません。(もちろんそれなりには重要です)それよりも、ゲーミングPCの場合メモリとビデオカードの方がはるかに重要です。

ビデオカードが水準以下の場合、3Dゲームの動作が厳しくなりますし、メモリが少ないとゲームを起動してもすぐに落ちてしまいます。なので、CPUにこだわるくらいならメモリとビデオカードの充実にお金をかけましょう。

ゲーミングPCを買う上で重視すべき点、もうひとつは買い替え期間です。パソコンは3年も経てば、同じ値段でも飛躍的に性能が上のパソコンを買うことが出来ます。

なので、買い替えを念頭に入れた上で予算を組みましょう。買い替え期間は3年〜5年くらいがオススメです。それ以上期間が空くとパソコンの旧式化が激しくなるので、パソコンでゲームをするならある程度頻繁に買い換えましょう。

トップへ戻る

ゲーミングデバイス

ゲーミング関連